シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » 大阪で受けられるシミ治療いろいろ » シミ取りレーザー治療の副作用とその対応を解説

シミ取りレーザー治療の副作用とその対応を解説

シミの治療法はいろいろありますが、最近は最先端の技術を駆使したレーザー治療が主流となっています。

化粧品やビタミン剤を使った治療よりも即効性が高く、使用する機器やシミの大きさによってはわずか1回で治療できることから、年齢を問わず幅広い世代の女性から注目を集めていますが、レーザー治療は効果が強力なぶん、副作用のリスクもゼロではありません。

むしろ化粧品やビタミン剤による治療よりも危険度は高いと言えますので、シミ取りレーザー治療を受ける時は副作用の危険性ともしもの場合の対応を知っておくことが大切です。

ここではシミ取りレーザー治療で起こり得る副作用と、その際の対応について紹介します。

かえって悪化することも?シミ取りレーザー治療が引き起こす副作用

炎症後色素沈着

現在、シミ取りレーザー治療には「Qスイッチレーザー」と呼ばれるレーザー機器が多く用いられています。

Qスイッチレーザーはシミの原因となるメラニンだけをターゲットにできるレーザー機器で、シミ周辺の皮膚組織に余計なダメージを与えないところがメリットとなっています。

ただ、最小限に抑えられているとは言え、肌にある程度の刺激が加わることは確かなので、レーザー治療後は肌に軽い炎症が起こることがあります。

たいていは治療後のクールダウンと時間経過によって消失しますが、場合によっては赤みが引かず、そのまま色素が沈着してシミになってしまうことも。

特にもともと消したかったシミが薄いものである場合、炎症後色素沈着の方が目立ってしまうという可能性もありますので注意が必要です。

参照元:美容皮膚科におけるレーザー治療

肝斑治療の副作用

レーザー治療はさまざまなシミに有効ですが、30代以降の女性に発症しやすい肝斑の治療には不向きと言われています。

肝斑の患部にレーザー治療を施すと、一時的に色が薄くなるものの、すぐに炎症後色素沈着が発生。

治療から1~3ヶ月後に症状が悪化してしまうケースも多いのです。ちなみに、同じ理由でIPLを使った光治療も肝斑にはNGとされています。

参照元:シミ・ソバカスの治療戦略

シミ取りレーザー治療で副作用が出てしまったら?もしもの時の対処法

アフターサービスを受ける

シミ取りレーザー治療を行っている医療機関の場合、ほとんどはアフターサービスに対応しています。

もしもシミが悪化してしまったら、治療を受けたクリニックに伝え、適切なケアを受けましょう。

クリニックによっては提携先の病院を紹介されることもあります。

美白化粧品を使う

新陳代謝を活発にする美白化粧品を使用すれば、肌の生まれ変わりが促進され、シミを薄くすることができます。

近年はハイドロキノンやアルブチンなど高い美白効果をもつ成分を配合した化粧品も多く販売されているので、自分の肌に合ったものを使ってみるのもひとつの手です。

シミ取りレーザー治療で後悔しないための注意点2つ

1.ダウンタイムのケアをしっかり行う

ダウンタイムとは、シミ取りレーザー治療後に肌を休める期間のことです。

治療後は肌がデリケートな状態になっているため、外部からの刺激には十分注意する必要があります。

患部をやたら触ったり、かさぶたをはがしたりするのはもちろん、紫外線対策を取り入れたり、たっぷり保湿して外からのダメージを防ぐなど、適切なケアを行いましょう。

2.実績のある病院を選ぶ

レーザーは高出力な医療機器ですので、信頼できる病院で施術しないと副作用が起こるリスクが高まります。

過去には、シミ取りレーザー治療の副作用の危険性を患者に伝えず、その結果シミが増えてしまったとして、病院側に説明義務違反の判決が下されるという判例がありました。

参照元:麻酔科関連領域において説明義務違反が問われた判例について

こういったトラブルを起こさないことはもちろん、万一何かあった場合にきちんとアフターフォローしてくれる良心的な病院を選ぶことが副作用リスクを軽減できる一番の方法と言えるでしょう。

コンテンツ一覧