シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » 大阪で受けられるシミ治療いろいろ » シミのピーリング治療まとめ@大阪 » ビタミンC

ビタミンC

しみの改善に効果的な成分として評判のビタミンCについてまとめました。ビタミンCの持つ効果を理解してピーリングに役立てましょう。

ピーリングに使われる「ビタミンC」の特徴

ビタミンCは果物や野菜に含まれる栄養素で、食品と一緒に体内に取り込まれます。最近はビタミンCを含む化粧品が多く発売され、美白・肌のしわ防止・毛穴の締め付け・にきび跡の改善などの効果が期待されています。これまでビタミンCは皮膚から吸収されないと考えられていました。しかし、最近の研究で適切なビタミンCと機器を使えば、皮膚からでも吸収できることが発覚したのです。そのため、現在ビタミンCはさまざまな美容治療に利用されています。

しみ治療に使用されるビタミンCの効果と注意点

ビタミンCを摂り入れることで得られるメリットで代表されるは「メラニンの生成を抑制」「しみを薄くする作用」「活性酸素の除去」の3つです。

メラニンの生成を抑制するホワイトニング効果

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制し、しみを予防する作用があります。紫外線やストレスなどの影響でチロシンというアミノ酸が発生。それがチロシナーゼという酵素によりメラニン色素となりしみができます。ビタミンCはしみの原因となるチロシナーゼの作用を抑制し、メラニン色素が生成されるのを防いでくれるのです。

しみを薄くする作用

メラニンの還元作用を持つビタミンC。その作用により黒いメラニンを白いメラニンに変えてしみを薄くしてくれる効果があります。ビタミンCはしみの予防だけでなく、できてしまったしみにも効く成分です。

活性酸素の除去

メラニン色素は紫外線やストレス以外にも活性酸素が原因で発生します。体内で活性酸素が増加すると、それを除去しようとしてメラノサイトが刺激されてメラニンが生成されるのです。ビタミンCには抗酸化作用があり、しみの元となる活性酸素を除去し、しみを予防してくれます。

注意点

ビタミンには「水溶性」と「脂溶性」があります。

水溶性のメリットは水に溶けやすく速効性があり安いことです。しかし、非常に不安定で壊れやすい性質のため、体内での滞在時間が短いという欠点があります。

一方、脂溶性は水溶性とは異なり即効性はありませんが、ゆっくりと浸透し、奥まで行き渡るのが魅力です。保湿力にも優れていますが、水溶性に比べて料金が高いというデメリットがあります。

ビタミンCを利用する際はしみの程度に合わせて選ぶようにしましょう。

ビタミンCを効果的に取り入れられるイオン導入器

イオン導入とは、化粧品では届かないとされている成分を皮膚の奥まで届けてくれる美容機器です。イオン導入器で皮膚に微弱な電流を流し、ビタミンCをイオン化させることで、皮膚の奥まで効果的に浸透させてくれます。

大阪でしみのピーリング治療が受けられる
おすすめクリニックをチェック>>

コンテンツ一覧