シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » 大阪で受けられるシミ治療いろいろ » シミのピーリング治療まとめ@大阪 » トラネキサム酸

トラネキサム酸

しみをはじめとした肌トラブルを改善する効果が期待できるトラネキサム酸。特徴や効果、メリット・デメリットをまとめているので、しみにお悩みの方はぜひチェックしてみてくださいね。

トラネキサム酸とは?

人工的に作られたアミノ酸の一種であるトラネキサム酸。美白・保湿・うるおい効果が期待できる成分としてしみ治療に使われたり、化粧品に配合されたりと幅広く使用されています。内服薬や外用薬が存在し、しみの中でも特に肝斑の治療に使われている成分です。痛みのもとなる「プラスミン」を抑制する働きも持っており、抗炎症や抗出血作用も。美白効果以外にも風邪によるのどの炎症にも効果が期待できます。

効果

さまざまな肌トラブルに対応しているトラネキサム酸。しみのもととなるメラノサイトの活性化を抑制するといった効果が期待できます。しみは、紫外線が当たった後も肌でメラニンを作り続けている状態。弱い炎症が起き続けていることによって、どんどんしみが濃くなってしまうのです。トラネキサム酸はこの炎症を抑えることによって、しみを改善・予防してくれます。他のしみと原因が異なる肝斑の治療にも使用されている成分です。

効果が期待できる主な症状

  • 肝斑をはじめとしたしみやそばかす、くすみなど
  • ニキビやニキビ痕の色素沈着
  • 肌荒れ
  • 日焼けによる肌荒れ

メリット

メラニンの生成を抑えてしみを改善する効果が期待できると同時に、さまざまなエイジングケアに良いとされているトラネキサム酸。しみの治療を行いながら、他の箇所のケアもできるすぐれものです。そのほか、イオン導入でビタミンCとトラネキサム酸を同時に導入することによってより高い効果が期待できます。肌質によって、レーザー治療を受けられない方も利用できますよ。主に期待できる効果をまとめています。

  • 毛穴を引き締める
  • 肌のトーンがアップする
  • シワが薄くなる
  • 肌荒れが改善される
  • 透明感のある肌になる
  • キメが細かくなっている

デメリット

副作用が少ないと言われているトラネキサム酸ですが、嘔吐や食欲不振、胸やけを起こす場合があります。まれに、痙攣といった大きい副作用を起こす可能性も。そのほか、眠気が起こる可能性もあるので、服用後の運転には十分に注意しましょう。

トラネキサム酸は血液を固めやすくする作用を持っていため、服用後に浮腫むことも。血管が詰まっている可能性が考えられるので、医師に相談してみましょう。血栓性静脈炎や脳梗塞、心筋梗塞の方は医師の判断のもと服用してください。

大阪でしみのピーリング治療が受けられる
おすすめクリニックをチェック>>

コンテンツ一覧