シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » 大阪で受けられるシミ治療いろいろ » シミのピーリング治療まとめ@大阪 » ハイドロキノン

ハイドロキノン

しみの解消に効果的な成分としてよく使用されるハイドロキノンの特徴や効果についてご紹介。副作用についても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

ハイドロキノンの特徴

日本ではビタミンC(誘導体)やコウジ酸などが化粧品によく使用されています。欧米では、化粧品にしみや色素沈着の治療薬として早くから使用され、美白成分と言えばハイドロキノンが主流です。近年では日本でもハイドロキノンが使われるようになり、多くの女性に人気があります。

これまで日本でハイドロキノンを使用する際は、医師の管理下でしか使用できませんでした。しかし、2001年の薬事法の規制緩和により化粧品でも使用できるように。そのため、ハイドロキノンの歴史は欧米に比べて浅くなっています。

そんなハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸またはアルブチンの100倍。資生堂が10年近く費やして開発したアルブチンも、構造的にハイドロキノンの仲間になっています。

シミ治療に使用されるハイドロキノンの効果と副作用

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンにはしみの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、さらにはメラニン色素を産生するメラノサイト自体を減少させる効果があります。そのため、ハドロキノンは「皮膚の漂白剤」と呼ばれるほど人気の成分です。その効果は、現在はシミ予防成分として有名なビタミンCやプラセンタの10〜100倍の効果があると言われています。そのほかにも、ハイドロキノンは肌に沈着したメラニン色素にまで働きかけるため、予防だけでなく改善にも期待できるようです。

トレチノインの併用で美白効果をアップ

ハイドロキノンは美白効果が高い成分ですが、皮膚の奥まで浸透しにくく、色素沈着を解消するには時間がかかるのが問題点。そのため、トレチノインクリームの併用が推奨されています。トレチノインとは、ターンオーバーを促進するクリームです。トレチノインが皮膚の奥にあるメラニン色素を表面まで持ち上げることで、ハイドロキノンの美白力が発揮されやすくなり、相乗的に美白効果が高まります。

そのほかにも、トレチノインにはシワやたるみ、ニキビ改善効果も肌への悩みをたくさん抱えている人に併用してみるのもいいかもしれません。

副作用について

ハイドロキノンはとても不安定な成分のため、正しく使用しないと肌トラブルを引き起こす可能性があります。

副作用1:炎症や赤み

ハイドロキノンは非常に強い成分のため、肌の弱い人は炎症や赤みを引き起こすかもしれません。ハイドロキノンを使用する場合は、事前に必ずパッチテストを行ないましょう。また、炎症や赤みが現れた場合はすぐに使用を中止し、皮膚科で診察を受けてください。

副作用2:白斑

長期使用や高濃度ハイドロキノンを使用した場合、白斑(はくはん)が発生することがあるようです。ハイドロキノンは、メラニン色素が生成するメラノサイトの機能を抑制する作用があります。そのため、長期間使用するとメラニン色素を1年以上消失させた皮膚が部分的に色を失い、白斑が発生するそうです。また、6%以上の高濃度ハイドロキノンも長期間の使用と同様の理由で白斑ができる可能性があります。ハイドロキノンは長期間の使用を避け、濃度は4%以下のものにしましょう。

大阪でしみのピーリング治療が受けられる
おすすめクリニックをチェック>>

コンテンツ一覧