しみ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » 大阪で受けられるしみ治療いろいろ » 飲み薬/塗り薬

飲み薬/塗り薬

ここでは、飲み薬(内服薬)、塗り薬(外用薬)によるしみ治療について解説します。

しみの治療の飲み薬と塗り薬について

【飲み薬】

しみ治療に用いられる内服薬は、おもにビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸、ハイチオール、レチンなどです。

◆ビタミンC
美白効果で有名なビタミンC、その中でも大きな効果のあるものがシナールとよばれるものです。

◆ビタミンE
アンチエイジングに有効な抗酸化作用を持つビタミンE。ビタミンEは、メラニンを作るチロシンとチロシナーゼという酵素の働きを、抑制すると言われています。

◆トラネキサム酸
肝斑治療で有名な成分です。女性ホルモンによる炎症作用も抑制するので、肝斑に有効なのですが、その他にメラニン抑制、美白効果、肌荒れ改善などの効果もあります。

◆ハイチオール
ビタミンC、パントテン酸、L-システインを配合。主成分のL-システインは、メラニンの生成を抑制します。

◆レチン
ピーリング効果があり、古い角質、シミ、しわ、ニキビ痕の除去が可能。比較的強い薬物なので、医師の指導に従いましょう。

【塗り薬】

しみ治療に用いられる外用薬は、ハイドロキノン、トレチノイン、ビタミンC誘導体、コウジ酸などです。

◆ハイドロキノン
ハイドロキノンは漂白効果をもつ成分。さらに、メラニンを作るチロシンとチロシナーゼという、酵素の働きを抑制する効果もあります。

◆トレチノイン(ビタミンA誘導体)
トレチノインはお肌のターンオーバーを促すので、メラニンの代謝・排泄に効果があります。

◆ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを安定させてお肌への浸透力をあげ、効果を倍増します。

◆コウジ酸
日本酒の杜氏や職人さんの手が綺麗なことから、コウジ菌が美白につながることが判明しました。さらに、メラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きを、抑制する効果もあります。

飲み薬と塗り薬に適したしみ

飲み薬や塗り薬は、市販でも手に入れることができます。しかし、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらう薬剤のほうが効果的ですし、安全ですので、そちらをおすすめします。

塗り薬のハイドロキノンとトレチノインを併用すると、8割の人にしみ改善効果があるといいます。

飲み薬/塗り薬のメリット&デメリット

【飲み薬/塗り薬のメリット】

手軽に治療ができる。

医師の指導の下での処方薬は、安全でトラブルも少ない。

【飲み薬/塗り薬のデメリット】

あまり即効性はない。

飲み薬は胃に違和感が出る人もいる。

塗り薬のハイドロキノンやトレチノインは、肌が赤くなったり、皮剥けするなどの副作用が起こることがある。

飲み薬/塗り薬のおすすめクリニック

MAクリニック心斎橋…飲み薬/塗り薬(5種) 例)トレチノイン…4,320円/5g

ジョウクリニック…飲み薬(1種) 例)美白内服薬…8,400円/4週分

梅田フェミークリニック…飲み薬/塗り薬(5種) 例)シミ内服薬セット…4,278円/30日分