シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » 大阪で受けられるシミ治療いろいろ » シミのレーザー治療まとめ@大阪

シミのレーザー治療まとめ@大阪

ここでは、レーザーによるしみ治療について解説します。

レーザーがしみを消すメカニズムとは?

レーザー(LASER)とは、特殊な装置で発生させた人工的な光で、一定方向に向かってのみ光を放射し、拡散しません。

7色の波長がある太陽光とは違い、レーザーの光の波長はひとつだけ。このため、特定の色にのみ反応し、その色だけにエネルギーを集中させることができます。つまり「しみ」にだけ、集中的に光エネルギーを照射させることができ、そのメラニン部分を破壊します。破壊されたメラニン部分は老廃物として分解され、お肌から消えていくのです。

シミやアザを除去する治療の場合は、赤や茶色に反応するレーザーを使用します。

ちなみにムダ毛を脱毛するときには、毛根の黒いメラニン色素に反応するレーザー光を使用します。

レーザー治療器のいろいろ

YAGレーザー

YAGレーザーは、シミ治療のなかでもっともポピュラーなレーザー治療器です。しみの原因であるメラニン色素に対して、ピンポイントでアプローチしてくれるので、正常な肌にほとんど負担を与えずに治療をしてくれます。レーザーの波長を、皮膚の奥にあるメラニン色素と、表皮にあるメラニン色素に応じて使い分けるのが特徴です。

1回の治療でほとんどのしみを取り除けるのが、YAGレーザーの魅力。他のレーザー治療器と比べて治療を受ける回数が少なく済むので、治療費を抑えることも可能です。

YAGレーザーに向いているのは、「形がハッキリしているしみ」「他の治療器では取り除けなかったしみ」「色が薄すぎるしみ」などです。シミ治療だけでなくイボや青あざ、タトゥーの除去にも効果が期待できます。

大阪でYAGレーザーによるシミ治療が受けられるおすすめクリニックをチェック>>

ピコレーザー

ピコレーザーは「ピコ秒(1000億分の1)」というスピードで照射してくれるのが特徴です。従来のレーザー機器は「ナノ秒(10億分の1)」の照射スピードでした。照射時間が短いほど、皮膚に熱を与えずに、メラニン色素だけを破壊することができます。これまでは治療が難しいとされてきた小さなしみ・毛穴・タトゥーの除去も短時間で行なえるレーザー機器です。

従来のレーザー機器と比べて、痛みを最小限に抑えられるようになりました。また、治療後の色素沈着や炎症が起きにくくなっているのもポイント。日本ではまだYAGレーザーが主流ですが、いち早く取り入れた海外ではピコレーザーの評判は上々です。

大阪でピコレーザーによるシミ治療が受けられるおすすめクリニックをチェック>>

ルビーレーザー

ルビーレーザーは、1990年にしみ・アザ治療専用のレーザーとして登場しました。メラニン色素だけを破壊し、他の正常な皮膚や血管にダメージを与えないのが特徴。しみだけでなく、そばかす・茶色いアザ・黒いアザにも対応しています。

しみやアザの治療に有効なルビーレーザーですが、なかには相性の悪いしみも存在。例えば、ルビーレーザーを肝斑に当てると、症状が悪化するおそれがあります。肝斑とは、頬骨周辺に、ぼんやりと左右対称にあらわれるしみのこと。肝斑のようなぼんやりしたしみは、レーザーを照射するとかえってシミを濃くしてしまうのです。ルビーレーザーは照射して数十分後に肌が赤くなり、数日後にかさぶたが発生。このとき、かさぶたは取らないようにしてください。軟膏を塗って、絆創膏やガーゼで守るようにしましょう。

大阪でルビーレーザーによるシミ治療が受けられるおすすめクリニックをチェック>>

CO2レーザー

CO2レーザーは炭酸ガスを使ったレーザー治療です。皮膚内部にある水分がCO2レーザーを吸収し、その水分が蒸発することでしみやホクロを取り除いてくれます。他にも毛穴の開きを抑えたり、肌のキメを整えたりする効果を得ることが可能です。ただし1回の照射だけではほとんど効果を得ることはできません。1ヶ月に1回を目安に、最低でも4回以上受けるようにしましょう。4回以上からしみが薄くなる・毛穴が締まってくるなど、改善が目に見えて分かりやすくなるはずです。

施術後は、皮膚が赤くなり凹むことがありますが、1~2週間ほどで皮膚が再生し、凹みが解消されてきます。それまでは、クリニックで処方される軟膏や絆創膏を使用してケアをするようにしてください。

大阪でCO2レーザーによるシミ治療が受けられるおすすめクリニックをチェック>>

レーザー治療に適したしみ

レーザー治療は、厚みがあるシミや、表皮より奥深い真皮層まで届いているシミに有効です。

・老人性色素斑(日光性色素斑)

・そばかす(雀卵斑・じゃくらんはん)

・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

レーザー治療のメリット&デメリット

【レーザー治療のメリット】

入院の必要がない。

施術時間が比較的短い。

痛みや出血がほとんどない。

正常な肌へのダメージが少なく、しみ部分だけを取り除ける。

深い部分のしみも取り除ける。

しみの種類によっては、保険適用がされる場合もある。

施術直後にメイクもOK。

【レーザー治療のデメリット】

1照射あたりの面積が非常に小さいため、顔全体にあてるには数回の施術が必要 (しみがすべて消えるには時間がかかる)。

パワーが強いぶん、施術後はかさぶたができたり、肌にダメージを与えることがあるので、色素沈着や水ぶくれにならないようテープを貼るなど、アフターケアが必要。

照射後、お肌に赤みや色素沈着が残ることがある。

高額な治療費が必要なこともある(クリニックにより費用に差がある)。

おすすめのレーザー治療クリニック

恵聖会クリニック…レーザー(6種) 例)Qスイッチヤグ(YAG)…10,000円/1cm2

シロノクリニック…レーザー(5種)  例)Qスイッチルビー…20,000円/1cm2

MAクリニック心斎橋…レーザー(1種) 例) Q-Ndiヤグ…5,400円/3mm2

コンテンツ一覧