シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » シミの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ? » 大阪のクリニックで受けられる肝斑治療とは? » 肝斑の予防・ケア

肝斑の予防・ケア

肝斑は、30~40代の女性に見られるしみです。このページでは、肝斑対策としてセルフケアから美容クリニックの施術まで紹介します。

肝斑を予防・悪化させないためには

しみには種類があり、肝斑はそのひとつです。女性ホルモンが大きく影響し、妊娠や経口避妊薬の服用でホルモンバランスが乱れると肝斑が発症すると考えられています。そのため、30~40代の女性に多いと言えるでしょう。60代以降の女性には発症せず、むしろ薄くなったり消えたりします。いずれなくなるとしても、肌にしみができれば気になりますよね。肝斑を予防する・できた肝斑を悪化させないためには、どのようなケアがあるでしょうか。

セルフケアを行う

まずは自分でできる対策を紹介します。

紫外線対策

肝斑は、女性ホルモンだけが原因ではありません。紫外線によるしみが合わさっているケースも多く、対策は不可欠です。とくに頬や目元は肝斑ができやすいので、紫外線で肝斑を悪化させないよう日焼け止めや日傘を利用しましょう。

食事と睡眠でホルモンバランスを保つ

妊娠によるホルモンバランスの乱れを防ぐことは難しいですが、ストレスが原因の乱れは対策できます。バランスのとれた食生活を意識し、たっぷり睡眠時間をとって生活習慣を整えましょう。ストレスを溜め込まない、過度なダイエットは行わないことが大切です。

肌への刺激を減らす

「肝斑はコンシーラーでカバーが必須!」「ファンデーションを厚塗り」などの対策をしていませんか?肌への刺激は、紫外線同様に色素沈着の原因になります。洗顔はぬるま湯でたっぷりの泡を使って包み込むように、基礎化粧品は強くパッティングせず手で優しく顔を覆うように馴染ませましょう。メイクでも、パフやブラシを優しくたたくことがポイントです。

美容クリニックを利用する

セルフケアで肝斑が薄くならない場合、美容クリニックを利用することもひとつの手段です。「肝斑+ほかの種類のしみ」を抱えている方が多いため、それぞれの原因に合わせた対策が必要となります。
肝斑の治療には、以下のような種類があります。

  • 飲み薬/塗り薬
    肝斑に有効とされる成分「トラネキサム酸」が含まれた薬。できた肝斑の治療・予防にも使われています。
  • レーザー治療
    ピンポイントでレーザーを照射し、しみを消していきます。刺激が強く肝斑を悪化させてしまうレーザーもあるので、肝斑に対応しているか確認しましょう。
  • イオン導入
    微弱な電流を肌に流すことで、肝斑の有効成分を深部にまで浸透させます。
  • ピーリング
    古い角質を取り除くことで、肌のターンオーバーを促します。

セルフケアで対策するのはもちろんのこと、自身だけで改善が難しいと感じたら美容クリニックにまず相談してはどうでしょうか。「実は肝斑ではなかった」というケースがあるので、医師に診察してもらうことで正しい治療を受けられますよ。

しみ・肝斑の治療が受けられる大阪の美容クリニックをチェック>>

コンテンツ一覧