シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » シミの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ? » 大阪のクリニックで受けられる肝斑治療とは? » 内服薬で肝斑治療。内服薬の処方ができるクリニックを紹介[大阪編]

内服薬で肝斑治療。内服薬の処方ができるクリニックを紹介[大阪編]

肝斑やシミ治療で使われる内服薬についてまとめました。内服薬の成分や効果、大阪で肝斑の内服薬を処方してくれるクリニックも紹介しています。

肝斑の内服薬とは

肝斑はレーザー治療やピーリングだけではなく、内服薬でも症状改善を促すことができます。飲み薬で利用される成分は「トラネキサム酸」と「L-システイン」です。美白ケアに使われるビタミンCや抗酸化作用の高いビタミンEも一緒に配合されるので、お肌だけではなく体の内側からも健康になる効果が期待できます。飲み薬は飲んですぐに効果が出るわけではありません。ゆるやかに作用するので、2か月は様子をみてくださいね。

肝斑・シミ治療の内服薬に含まれる成分

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、肝斑のもとであるメラニンに働きかけて色素沈着を抑制してくれます。2007年に一般の医薬品として肝斑を改善する薬と効果が認められた成分です。それ以前は医療現場で抗炎症薬や止血剤として使われていました。

L-システイン

メラノサイトと呼ばれる色素細胞の中でメラニンが作られる際に、チロシナーゼという酵素が必要になります。このチロシナーゼの生成を抑え、作用しないようにするのがL-システインです。皮膚の新陳代謝を活発にし、メラニンの排出をするターンオーバーを促す効果もあります。

内服薬治療の効果

飲むだけで肝斑・シミ予防になる

レーザーやピーリングの肝斑治療を受けても、「日々の紫外線予防をしない」、「肌のターンオーバーが正常でい」などが原因で症状が出てしまう恐れがあります。内服薬には、肝斑やシミ治療の効果があるトラネキサム酸、抗酸化作用のあるビタミンCが配合されていることが多いので、治療と併用して飲むのがおすすめです。

自宅で簡単に肝斑予防を続けられる

飲み薬はクリニックに足を運ばなくても、自宅で手軽に肝斑やシミ予防を続けられます。副作用はほとんど起きません。お肌の外から施術をするのではなく、肌のターンオーバーを促すように体の中からゆっくり働きかける方法です。肝斑やシミに効果がある成分だけではなく、美肌に導くビタミンCや抗酸化作用を持つビタミンEなど体に良い成分も配合されています。

肝斑の内服薬を処方してくれる大阪のクリニック

恵聖会クリニック

恵聖会クリニック
画像引用元:恵聖会クリニック公式HP
(http://www.keisei-cs.com/lp/skincare.html)

内服薬の種類/費用

内服薬 飲み薬は処方してくれるようですが、詳細について記載されていませんでした。直接クリニックにお問合せしてみてくださいね。

特徴

開院して17年の恵聖会クリニックは美しさを追求し、地域に根ざした美容医療を目指しているそうです。お肌の状態に合った治療を行うため、カウンセリングで肌の悩み相談を行ってから治療。体の内側からシミにアプローチする内服薬の処方も行っています。リピーターが多く、治療実績も豊富なので気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

住所・アクセス

住所 心斎橋院
大阪市中央区東心斎橋1-7-30-21 心斎橋ビル8F
京橋院
大阪市都島区東野田町2-3-19MFK京橋駅前ビル5F
アクセス 地下鉄御堂筋線・心斎橋駅 6番出口を出て徒歩3分
地下鉄堺筋線/長堀鶴見緑地線・長堀橋駅 7番出口より徒歩2分

恵聖会クリニックの内服薬を公式サイトでチェック>>

シロノクリニック

シロノクリニック
画像引用元:シロノクリニック公式HP
(https://www.shirono.net/)

内服薬の種類/費用

内服薬 飲み薬は処方してくれるようですが、詳細について記載されていませんでした。直接クリニックにお問合せしてみてくださいね。

特徴

シロノクリニックが処方している内服薬の成分は、トラネキサム酸とビタミンCの2種類です。トラネキサム酸は、メラニンを作る色素細胞の働きを抑え肝斑ができないようにする成分。ビタミンCは、肌の新陳代謝を促し、メラニンの排出を促す成分です。飲み薬を服用することで、あらたに肝斑やシミができないように体の内側からケアすることができます。

住所・アクセス

住所 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4F
アクセス JR大阪駅より徒歩3分
JR北新地駅より徒歩3分
地下鉄四つ橋線・西梅田駅より徒歩1分
地下鉄御堂筋線・梅田駅より徒歩5分
地下鉄谷町線・東梅田駅より徒歩10分
阪急梅田駅より徒歩10分
阪神梅田駅より徒歩1分

シロノクリニックの内服薬を公式サイトでチェック>>

フェミークリニック

フェミークリニック
画像引用元:フェミークリニック公式HP
(https://www.femmy-c.com/)

内服薬の種類/費用

シミ内服セット(30日分) 4,278円
※税不明

特徴

女性を幸せにする医療を目指しているフェミークリニック。ひとり1人に合わせたオーダーメイドの治療を行ってくれるそうです。肝斑治療の内服薬は、シミ内服セットを処方してくれます。内服セットは、コラーゲンの生成を促し、メラニンの働きを抑えてくれるビタミンCを配合。クリニックで、レーザー治療をするだけではなく、体の内側からも内服薬でシミにアタックすることで相乗効果が期待できますよ。

住所・アクセス

住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
アクセス JR大阪駅
JR東西線・北新地駅
阪急梅田駅
阪神梅田駅
地下鉄御堂筋線・梅田駅
地下鉄谷町線・東梅田駅
地下鉄四つ橋線・西梅田駅
※それぞれの駅より徒歩1~7分

フェミークリニックの内服薬を公式サイトでチェック>>

コンテンツ一覧