シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » シミの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ? » 大阪のクリニックで受けられる肝斑治療とは? » 外用薬の処方ができる大阪のクリニックを紹介

外用薬の処方ができる大阪のクリニックを紹介

多くの女性が気になる肝斑やしみについて、外用薬を使った治療法とメリットについてまとめてみました。

肝斑の外用薬とは

お肌の肝斑やしみが気になる部分に、栄養成分を含んだ薬を直接塗る治療方法です。美容レーザーを使った施術方法よりもお肌への負担が少なく、費用もかからないので手軽に始められます。さらに、内服薬と組み合わせることが可能。費用も少なく、比較的手軽に肝斑の改善に始められる治療なので、多くの人が取り入れています。

外用薬に含まれる成分

ハイドロキノン

美白効果に期待ができる成分です。しかし、人によってはかぶれといったお肌のトラブルになる可能性があります。リスクをおさえるために使用する際は医師の診察を受けるようにしてくださいね。すでに使用されている方は、定期的に医師の診断を受けて肌トラブルの回避に務めましょう。

トレチノイン

ビタミンAの一種であるトレチノインは、「しみ」「しわ」といった肌のトラブルを改善する働きがあります。肌のターンオーバーを促進し、肝斑の原因となるメラニンの排出を促して「しみ」を薄くしてくれる可能性が美肌の維持に取り入れたい成分と言えます。

外服薬治療の効果

予防する効果

外用薬を塗ることで、肝斑、しみ、そばかすといった肌トラブルの原因となるメラニン色素の生成を抑える効果があります。外用薬には様々な成分が含まれているのが特徴。以下の

  • 肝斑の原因となるメラニンの生成を抑えるビタミンC
  • 余分なメラニンを体外へ排出する働きがあるL-システイン
  • 炎症反応やアレルギー反応を抑えるトラネキサム酸

上記のように、外用薬に含まれている成分によって得られる効果も変わってきます。自分の症状に合った外用薬を選ぶようにしてくださいね。

女性の肝斑について

女性の場合、ホルモンの変化の影響を受けることから肝斑治療は複雑で改善が難しいと言われています。肝斑だけでなく、他のしみと重なっている可能性があるからです。自己流ケアや高級なスキンケアでは効果を感じられない場合は、早期に皮膚科専門医の診断を受けたほうが望ましいでしょう。

肝斑の外用薬を処方してくれる大阪のクリニック

シロノクリニック

シロノクリニック
画像引用元:シロノクリニック公式HP
(https://www.shirono.net/)

外用薬の種類/費用

W377SP/10g 3,500円
AHPクリーム/20g 3,000円
ハイドロキノン(3%・7%)/3g 2,500円
ハイドロC(3%・7%)/5g 4,000円
トレチノイン/6g 3,000円
レチン/5g 2,500円
カイネレース/5g 2,500円

特徴

シロノクリニックの肝斑治療では、最新のレーザーを使った治療のほかに点滴、内服薬、3つの外用薬を処方しています。WHITE377は高い美白効果がありながら、肝斑やしみの原因となるメラニン生成を抑えてくれる外用薬。
しみやくすみの原因となる古くなった角質を剥がして、肌のターンオーバーを促進するのが、トレチノイン。
ハイドロキノンはレーザー治療やその他炎症後の色素沈着を抑えるアフターケア効果が期待できます。
このような3つの外用薬を処方しています。

住所・アクセス

住所 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4F
アクセス JR大阪駅より徒歩3分
JR北新地駅より徒歩3分
地下鉄四つ橋線・西梅田駅より徒歩1分
地下鉄御堂筋線・梅田駅より徒歩5分
地下鉄谷町線・東梅田駅より徒歩10分
阪急梅田駅より徒歩10分
阪神梅田駅より徒歩1分

シロノクリニックの外用薬を公式サイトでチェック>>

フェミークリニック

フェミークリニック
画像引用元:フェミークリニック公式HP
(https://www.femmy-c.com/)

外用薬の種類/費用

ハイドロキノン/10g 3,000円
レチノイン酸/5g 3,000円

特徴

フェミークリニックでは、しみ内服セット、外用薬、美容成分の注射といった方法があります。外用薬は、「塗る漂白剤」と言われるほどの美白効果が期待できるハイドロキノンとレチノイン酸の2種類。この2つの併用も可能です。

住所・アクセス

住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
アクセス JR大阪駅
JR東西線・北新地駅
阪急梅田駅
阪神梅田駅
地下鉄御堂筋線・梅田駅
地下鉄谷町線・東梅田駅
地下鉄四つ橋線・西梅田駅
※それぞれの駅より徒歩1~7分

フェミークリニックの外用薬を公式サイトでチェック>>

MAクリニック心斎橋

MAクリニック心斎橋
画像引用元:MAクリニック心斎橋公式HP
(https://www.femmy-c.com/)

外用薬の種類/費用

ハイドロキノン 1,000円
トレチノイン 4,000円
MAスペシャル美白クリーム 5,000円

※分量について公式サイトに記載無し

特徴

レーザー治療と内服薬、点滴、外用薬といった4つの治療法を取り入れています。外用薬には、ハイドロキノン、トレチノインがあり、MAスペシャル美白クリームといった独自のクリームを提供しているとのこと。レーザー治療は、初回半額、20%OFFといったサービスも行っているので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

住所・アクセス

住所 大阪市中央区西心斎橋1-13-15 三栄心斎橋ビル6F
アクセス 地下鉄・心斎橋駅 2番出口
四ツ橋駅 2番出口
クリスタ長堀 南16番西出口 上がってスグ

MAクリニック心斎橋の外用薬を公式サイトでチェック>>

コンテンツ一覧