しみ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » しみの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ? » 肝斑

肝斑

紫外線が原因の一般的なシミとは異なる肝斑。その原因や治療法、治療に対応しているクリニックを紹介しています。肝斑に悩んでいるという方は1度目を通してみて下さいね。

肝斑とは?

左右対称に頬骨に沿ってできる肝斑。シミの一種ですが、その原因は紫外線ではないためシミや美白ケアをしてもなかなか改善されないのが特徴です。

肝斑ができる原因

肝斑は女性ホルモンやストレスによって、内側から発生するシミです。そのため、「ホルモンじみ」と呼ばれることも。特に妊娠している方やピルを飲んでいる方に多いと言われています。高齢の方に見られることは少なく、また閉経すると肝斑が薄くなることもあるのだとか。生理周期や体調によって肝斑の濃さが異なることもあるほど、女性ホルモンと密接な関係にあるシミなのです。そのほか、ストレスをはじめとした心理的要因や不規則な生活などが原因となっているケースも考えられます。

後天性真皮メラノサイトーシス、色素沈着症などのアザと症状が似ていますが、治療法は異なるので医師に診て貰った方がベストです。

肝斑が発症しやすい年齢

女性の顔に発症することが多い肝斑は30代後半~40代の間に最も発症しやすいのが特徴です。その後50代後半になるとともにその症状は軽くなり、薄くなるケースもあります。そのため、高齢になってから肝斑が発症する可能性は低いと考えて良いでしょう。

肝斑ができやすい部位

肝斑は頬や鼻の下、額などによく発症します。左右対称にできるため、比較的肝斑だと見分けやすいでしょう。目の周りに発症することは極めて少ないため、頬や額に肝斑ができてしまうと目の下が白く見え、眼鏡をかけたように見えます。

肝斑を見分ける方法

肝斑の特徴や似ているシミの種類を抑えて、見分け方のポイントを覚えましょう。

肝斑の特徴

  • 両頬に左右対称に広がっている
  • 頬骨に沿ってできる
  • 目尻~こめかみにかけてシミができやすい
  • シミの範囲が大きく、肌の色との境界線がぼんやりとしている
  • 女性ホルモンが活発に働く30~40代の女性に多い
  • 閉経後に薄くなる場合が多い

このような特徴がみられる場合は、肝斑である可能性が高いといえます。

ほかのシミと肝斑の見分け方

肝斑と似たシミに「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」があります。40代以降に多くできるシミで、左右対称に現れる肝斑とは違い、顔や体のさまざまな場所にランダムに現れるのが特徴です。
また、肝斑の発症には女性ホルモンが影響していますが、老人性色素斑は紫外線を浴びることによってシミができます。左右対称に出たら肝斑、非対称であれば老人性色素斑である可能性が高いと覚えておくと良いでしょう。

もう一つ肝斑に似たシミに「炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)」があります。炎症性色素沈着はやけどやニキビなど、肌に起こった炎症やキズが原因で起こるシミです。左右対称でないうえに時間が経つにつれて薄くなっていくので、その点で肝斑と見分けることができるでしょう。
しかし、個人での判断ではシミを完全に見分けることができない可能性もあります。判断が難しい場合は、皮膚科医の診察がおすすめです。

肝斑を改善する方法

肝斑は通常の紫外線によるシミと原因が異なります。それによって、改善法も異なってくるので注意が必要です。クリニックでは主にレーザー治療や光治療、外用薬・内服薬が用いられます。レーザー治療を受けながら内服薬を飲むといった複合治療で改善する方法も。

また、肝斑は刺激によって濃くなったり大きくなったりすることが考えられるため、刺激の少ない治療を行うことが大切です。ホルモンやストレスなど、体の内側に原因があることが多いためどうしても治療回数が多くなってしまうことも。焦らずゆっくりと治療していくとことが大切ですよ。

化粧品でケアするなら、メラニン色素をつくる細胞を減らす効果が期待できるハイドロキノンが配合されているものを選びましょう。ビタミンC・プラセンタも美白に良いとされていますが、ハイドロキノンはその10~100倍の効果が期待できるようです。

紫外線が原因のシミと混在している場合はその状態によって治療法が異なるケースもあります。医者に1度診てもらい、適切な診断結果が判ってから治療していくのがベストだと言えるでしょう。

肝斑の治療法

レーザー治療

一般的に肝斑にはレーザー治療は合わないとされてきました。肝斑は刺激を受けると余計に悪化する性質を持っているため、レーザーは刺激が強すぎるとされてきたのです。しかし、最近は低刺激の肝斑に対応した画期的なレーザーが開発。そのレーザー2種類を紹介します。

レーザートーニング

Qスイッチレーザーの中でも比較的パワーが弱いQスイッチYAGレーザーは肝斑にも対応できます。刺激を与えることなくシミの原因となるメラニンを減少。皮膚の内部に存在するメラニンを少しずつ壊していくため、安全に治療が受けられます。数回当てることによって徐々に肝斑が薄くなっていくのが特徴です。

外用薬・内服薬

外用薬

治療の際に一般的に使われている外用薬はビタミンC誘導体とハイドロキノンです。ビタミンC誘導体は過剰にメラニンを生成するのを減らし、肝斑を薄くしてくれます。ハイドロキノンは肝斑を予防するほか、皮膚にできてしまったシミの原因となるメラニン色素にまで働きかけ、シミができにくい状態にしてくれるのです。厚生労働省からの認可を得ているため、安全性が高い美白成分とも言われています。

内服薬

内服薬にはトラネキサム酸が用いられます。服用することによって有効成分が血液に到着。肌の奥深くにあるメラノサイトにまで届くため、シミへの効果が期待できます。トラネキサム酸単体で服用するのではなく、同時にビタミンCの内服薬を摂ったり、美白外用薬を使用したりすることも。内服してから約4~5週間ほどで効果が現れることが多いようです。

ケミカルピーリング

薬剤を皮膚に添付して古い角質を排除していくケミカルピーリング。新しい細胞を作り出す手助けをし、肝斑をはじめとしたシミやニキビ、しわなどの肌トラブルを解消します。使用される薬剤はグリコール酸や乳酸、サリチル酸の3つが一般的です。

肝斑の治療を行っているクリニック2選!

紫外線が原因のシミとは異なり、女性ホルモンやストレスなどが原因となっている肝斑。ここでは大阪にある肝斑の治療をしてくれるクリニックを2院紹介します。肝斑にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

恵聖会クリニック

施術の種類/費用

レーザー

QスイッチYAGレーザー 10,000円/1cm四方
女医の日限定 3,000円/直径5mm
CO2レーザー 3,000円~/1mm
ピコウェイ 10,000円/1cm四方
メドライトC6レーザー 10,000円/1回

光治療

フォトフェイシャル 8,000円(お試し価格)
フォトRF(心斎橋院) 8,000円(お試し価格)

ピーリング

クリスタル 5,000円(お試し価格)

イオン導入

アミノ酸ビタミン 5,000円

内服治療

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの処方(健康保険適用可)

特徴

大阪に2院展開している恵聖会クリニック。肝斑や雀卵斑(そばかす)、老人性色素斑などさまざまなシミの治療に対応しています。肝斑の治療に適しているレーザー「QスイッチYAGレーザー」も用意。肝斑を改善するほか、くすみや毛穴の引き締めなど、あらゆる肌トラブルを改善してくれる頼れる機器です。そのほか内服薬やイオン導入など、さまざまな治療法を用意しているので、一人ひとりにあった適切な治療が受けられますよ。

住所・アクセス

心斎橋院

住所 大阪市中央区東心斎橋1-7-30-21心斎橋ビル8F
アクセス 地下鉄御堂筋線・心斎橋駅 6番出口を出て徒歩3分
地下鉄堺筋線/長堀鶴見緑地線・長堀橋駅 7番出口より徒歩2分

京橋院

住所 大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
アクセス 京阪・京橋駅 中央改札より徒歩1分
JR環状線・京橋駅 北出口より徒歩1分
地下鉄鶴見緑地線・京橋駅 4番出口より徒歩1分

トキコクリニック

施術の種類/費用

レーザー

QスイッチYAGレーザー 5,000円~/15分~30分
レーザートーニング 10,000円~/10分~30分

光治療

フォトRF(オーロラ) 14,000円~/30分
フォトアドバンス 36,000円~

ピーリング

ハイドラフェイシャル 30,000円~
ケミカルピーリング 8,000円~
EasyTCAピーリング 20,000円/30分~45分

イオン導入

イオン導入 5,000円/1回
55,500円/15回
50,000円/2カ月フリーパス
カーボンピーリング+イオン導入 22,800円/1回・全体
ケミカルピーリング+イオン導入 13,000円/1回

点滴

グルタチオン点滴 8,000円/1回
スーパーグルタチオン点滴 10,000円/1回

特徴

大阪には心斎橋と梅田で2院を展開しているトキコクリニック。美容皮膚科医やエステティシャン、美容外科医などのプロが集まっているため、どんな相談にものってくれますよ。肝斑を改善するレーザーやピーリング、イオン導入などを用意。ハイドロキノンを導入する「徹底美白コース」もあるようです。カウンセリングを大切にしており、患者一人ひとりに合った治療法を提案。どんな症状にも対応できるようにしています。

住所・アクセス

心斎橋院

住所 大阪府大阪市中央区南船場4-7-6 心斎橋中央ビル6F
アクセス 御堂筋線・心斎橋駅3番出口より徒歩2分

梅田院

住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-6(E-MA[イーマ]4F)
アクセス JR・大阪駅 御堂筋口より歩道橋を上がり、阪神百貨店方面へ
コンテンツ一覧