しみ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » しみの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ? » そばかす

そばかす

先天性と後天性が存在するそばかす。その改善法や治療法、そばかすの治療を行っているクリニックなどを紹介しています。そばかすに悩んでいる方は要チェックです。

そばかすとは?

そばかすとは鼻や両頬に散らばってできる茶色いシミのことを言います。医学用語で「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言われており、大きさは3~5mmと小さめです。

そばかすができる原因と年齢

そばかすができる原因は2つあります。1つめは「遺伝」で2つめは「紫外線」です。

幼少期にそばかすができた場合は、両親による遺伝であるケースが多く、できやすい体質が受け継がれています。

そもそもそばかすができやすい原因は紫外線に弱い遺伝子です。特に色素が薄い色白の子や地毛が茶色い子、日焼け後に肌が赤くなる子などは遺伝によるそばかすができやすいと言われています。後天性の紫外線によるそばかすの場合、だんだん濃くなるものが一般的ですが、遺伝によるそばかすはだんだん薄くなっていくものがほとんど。「そのまま消えないのでは?」と思いがちですが、自然と薄くなっていくようです。

紫外線が原因の後天性そばかすは通常のシミ同様、メラニン色素の排出が正常に行われないと現れます。大人になってからできることが多く、遺伝と違ってだんだん濃くなってくるのが特徴です。

その他にも、肌に摩擦を与えてしまうことによってそばかすが発生することも。肌はなにかしらの刺激があると、肌を守ろうとしてメラニン色素を作りだす力を持っています。スキンケアや洗顔など、日頃の肌のお手入れで知らぬ間にそばかすをつくってしまっていることもあるのです。

発症しやすい部位

そばかすは主に顔に現れます。両頬に同時に発症するケースが多いのが特徴です。顔以外だと、手やデコルテなどの露出が多い部分以外にも背中や肩などの衣服で隠れている部分に現れる場合もあります。

そばかすを見分ける方法

シミがそばかすかどうかを判断するためにはどこをみればよいのか、ポイントを押さえておきましょう。

そばかすの特徴

そばかすには、以下のような症状があります。

  • 4~6歳ごろの幼少期に出始め、思春期を迎えるころに目立ってくる
  • 大きさは数mm程度で、頬や鼻を中心に広がる
  • 顔に出ることが多いが、手や体に出てくる場合もある
  • 20歳をすぎると色が薄くなることが多い
  • 肌の色が白い人にできやすい

このような症状があればそばかすの可能性が高いと言えるでしょう。

ほかのシミとそばかすの見分け方

そばかすと似た形のシミに「花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)」があります。
そばかすは顔を中心に手や体にも出ますが、花弁状色素斑は肩から背中に出ることが多いシミです。自分では確認しにくい場所なので、人から指摘してもらわないと分からないことが多いでしょう。また、幼少期から発生しやすいそばかすとは逆に、発生する年齢が20~30代の方に多いのも特徴の1つです。

そばかすができる場所と同じ位置にできやすいシミに、「遅漏性角化症(ちろうせいかくかしょう)」があります。イボのように盛り上がるのが特徴で、褐色や黒色をしていることがほとんどです。このシミは30~40代頃に現れることが多く、年齢を重ねるとともに増えていきます。
そばかすは幼少期から思春期にかけてピークを迎えるシミなので、そばかすか遅漏性角化症化は、シミが出始めた年齢や形、大きさで判断することが可能です。

そばかすの改善方法

外国の子どもによくあるイメージのそばかす。可愛らしさを感じることもありますが、改善したいと思っている方も多いはず。そばかすを改善するにはクリニックで治療するか、化粧品でケアするかのどちらかがあります。

クリニックでの治療はレーザー治療や光治療、ケミカルピーリングやイオン導入などさまざま。そばかすの状態や肌質にあわせて、どの治療を受けるか医師と相談して決定していきます。その他にも、ピーリングや内服薬・外用薬での治療も。内服薬・外用薬だとクリニックで処方してもらえるものと、市販のものがあります。

化粧品でケアする場合は、「トレチノイン」や「ハイドロキノン」などが含まれている化粧品を使うと◎。トレチノインはシミの原因となるメラニンを体外へ排出する働きを持っています。肌のターンオーバーを正常にするほか、皮脂を抑える働きもあるようです。ハイドロキノンは肌を白くする成分。メラニン色素を作り出さないように働きかけてくれますが、アレルギー反応が起こるケースもあるので注意が必要です。

シミに悩んでいる方が多い分、その治療法はさまざま。肌質や体質に合った治療はそれぞれ違うので、むやみやたらに治療するのではなく、自分に合った改善方法を見つけてみてくださいね。

そばかすの治療法

レーザー治療

そばかすの治療法の1つであるレーザー治療。そばかすを作り出している細胞をレーザーが壊してくれるため、色の濃いそばかすでも改善することができます。ただ、肝斑にレーザーを当てると、色が濃くなる場合があるので当てることができません。ソバカスの中に肝斑が混じっている方は控えましょう。そばかすの治療に主に使われているレーザーはQスイッチレーザー。その中にもQスイッチYAGレーザー・Qスイッチアレキサンドライトレーザー・Qスイッチルビーレーザーの3種類存在します。この3種類の違いはレーザーが肌のどのくらいの深さまで届くのかを表した波長や、熱の広がりにくさや威力の強さなどを表すパルスなどが異なっているかどうかです。

QスイッチYAGレーザー

3つのQスイッチレーザーの中でも波長の切り替えができるのはQスイッチYAGレーザーだけ。表皮はもちろん、真皮にまで届いてシミを作っている細胞を破壊してくれます。レーザーが肌に均一に浸透することによって肌トラブルも抑制してくれるようです。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

日本人のデリケートな肌に合った波長のQスイッチアレキサンドライトレーザー。刺激な少ないのですが、黒色のシミにも効果を期待できます。

Qスイッチルビーレーザー

色素沈着に有効だとされているQスイッチルビーレーザー。威力が強く、メラノサイトを壊してしまうほど。慢性的なシミに悩んでいる方にぴったりのレーザーです。

光治療

そばかすは顔全体に存在するため、レーザー治療のような1つひとつに当てていく治療法だと肌に負担をかけてしまうケースがあります。光治療は1度に広範囲に照射でき、なおかつ弱い光を当てるので肌トラブルなく改善しやすいのが特徴です。治療機器にも複数種類があるので紹介します。

ライムライト

日本人の肌に合うように作られたライムライト。フォトRFでは治療が難しいとされている薄いソバカスやシミにも効果が期待できるのだとか。痛みが小さいのも特徴です。

フォトRF

高周波エネルギーであるRFとフォトフェイシャルを組み合わせた光治療機器がフォトRFです。肌に存在するメラニンの量に関係なく、熱エネルギーを肌内部まで届けてくれます。照射力が変えられるのでこれ1台であらゆる症状を治療することが可能です。

フォトフェイシャル

IPLという光によってシミを改善するフォトフェイシャル。光治療の中でもポピュラーなマシンです。そばかすやシミのほか、しわや赤みなどにも適応されます。肌を健康に保つために必要な成分を活性化し、美肌へと導いてくれる機器です。

ケミカルピーリング

薬剤を肌へ乗せ、ターンオーバーを促すことによってシミを改善するケミカルピーリング。使用される薬剤は肌の弱い方でも使えるサリチル酸や美白を目的としてしみやくすみなどの改善に使われている乳酸。メラニンの生成を抑制してソバカスやしみといった肌トラブルを改選するグリコール酸の3つがあります。

イオン導入

ビタミンCやビタミンAなどが含まれている美容液を弱い電流によって肌へ浸透させるイオン導入。電流を使うことによって、手で美容液を添付するよりも100倍も肌に浸透するのだとか。そばかすを薄くする効果が期待できます。

そばかすの治療を行っているクリニック

先天性と後天性のものがあるそばかす。主に顔にできるため気になっている方は多いでしょう。ここではそのそばかすの治療をしてくれる大阪のクリニックを紹介。2院ピックアップしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

恵聖会クリニック

施術の種類/費用

レーザー

QスイッチYAGレーザー 10,000円/1cm四方
女医の日限定 3,000円/直径5mm
CO2レーザー 3,000円~/1mm
ピコウェイ 10,000円/1cm四方
メドライトC6レーザー 10,000円/1回

光治療

フォトフェイシャル 8,000円(お試し価格)
フォトRF(心斎橋院) 8,000円(お試し価格)

ピーリング

クリスタル 5,000円(お試し価格)

イオン導入

アミノ酸ビタミン 5,000円

内服治療

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの処方(健康保険適用可)

特徴

そばかすをはじめとしたしみ治療に力を入れている恵聖会クリニック。両頬に広がって出来るそばかすも、QスイッチYAGレーザーや光治療などで改善へと導いてくれます。シミに特化した医療機器を数多く取り揃えているので、一人ひとりのシミの深さや大きさ、肌質などを考慮したうえで選べます。治療のみならずカウンセリングからアフターケアまで丁寧に実施。恵聖会クリニックだからこそできるレベルの高い治療が受けられますよ。

住所・アクセス

心斎橋院

住所 大阪市中央区東心斎橋1-7-30-21心斎橋ビル8F
アクセス 地下鉄御堂筋線・心斎橋駅 6番出口を出て徒歩3分
地下鉄堺筋線/長堀鶴見緑地線・長堀橋駅 7番出口より徒歩2分

京橋院

住所 大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
アクセス 京阪・京橋駅 中央改札より徒歩1分
JR環状線・京橋駅 北出口より徒歩1分
地下鉄鶴見緑地線・京橋駅 4番出口より徒歩1分

きぬがさクリニック

施術の種類/費用

レーザー

ピコレーザー 3,000円/1mm
ピコレーザー取り放題 148,000円/顔全体
ピコフラクショナルレーザー 29,800円/1回・顔全体
19,800円/1回・両頬
Vビーム 50,000円/1回・顔全体
40,000円/1回・両頬

光治療

フォトフェイシャル 9,000円(初回限定価格)
フォトフェイシャルM22 18,500円/1回・顔全体
水光注射(ダーマシャイン) 18,000円(初回限定価格)
フォトRF(オーロラ) 4,980円(初回限定価格)

ピーリング

ケミカル(グリコール酸+乳酸+イオン) 9,000円(初回限定価格)

イオン導入

イオン導入 5,000~8,000円
トラネキサム酸導入+超音波ビタミン導入 9,000円(初回限定価格)

特徴

できるだけ皮膚に刺激を与えずにシミを改善してくれるきぬがさクリニック。最新の光治療でコラーゲンやハリを増やしながらシミを除去してくれるのだとか。その他にもフォトフェイシェルや医療レーザーなど、シミの改善に特化した治療を用意しています。カウンセリングでは時間をかけて患者一人ひとりの症状をチェック。インフォームドコンセントが大切だという考えだからこそ、できることなのでしょう。オーダーメイドでそばかすやシミの治療を行い、美肌へと導いてくれます。

住所・アクセス

大阪院

住所 大阪府大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル1~5F
アクセス 地下鉄・なんば駅21番出口より徒歩1分
コンテンツ一覧