シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » シミの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ? » ADM

ADM

年齢を重ねるごとに気になってくるしみ。しわに次いで女性の気になる悩み上位に入っています。しみの中には、ケアしてもなかなか消えない頑固なものも…。今回は消えにくいしみであるADMについてまとめてみました。消えないしみの原因は実はADMかもしれません。特徴や原因、治療について確認してみましょう。

ADMとは?

ADMは後天性真皮メラノサイト―シスや遅発性大田母斑などと呼ばれる、深い皮膚層の真皮層にできるしみです。

20~30代後半の年代で発症するしみですが、早い人では10代の思春期から発症する人もいます。ほとんどの年代の女性の顔に存在する一般的なしみです。色味が薄いものから濃いものまであります。美容皮膚科や皮膚科などでは、患者さんにADMという名称で伝えられることが多く、しみではなく「アザの一種」と教えられることも多いようです。

発症しやすい部位と原因

ADMの発症しやすい部位は顔の両側に発症しやすく、頬骨・下まぶたに点状か斑状で現れることも。ほかにも鼻根部・鼻翼・こめかみ・上まぶたの外側・額に発症しやすいしみです。灰色・灰褐色・褐色・濃褐色など色や形などバリエーションがさまざま。円形のシミが複数あってバラバラに散って存在することが特徴です。

重度になってくると、円形のしみがまとまり融合して地図のような形をつくることもあります。紫外線といった外部からの刺激に関係になくADMは発症し、肝斑や日光性色素斑のように強い日差しにさらされて濃くなることはありません。ADMはホルモンバランスの乱れが1つの原因と言われていますが、詳しい研究データがなく、ほとんど分かっていないのが現状です。

肝斑と間違われやすい

ADMは発症部位や見た目が似ているため、よく肝斑と間違われます。しかし、光治療やフォトなど肝斑と同じ治療を行なっても改善は見られません。そのため、肝斑だと診断されて時間とお金をかけて治療を行なった結果、何の成果も得られず無駄になってしまったということも…。

間違った治療をされる原因としては、ADMは肝斑と同時に発症することが多く判断が難しいのです。治療を受ける際は、医師による正確な判断が必要になってきます。ただ、ADMは見慣れると自分でも判断しやすいそうです。通常のしみとは違って青みを帯びた褐色をしているため、メイクをした際にファンデーションを塗った部分が紫っぽく見える場合はADMの可能性があります。

ADMを見分ける方法

ADMかどうかを見分けるポイントはどこにあるのでしょうか?ADMやほかのシミの特徴から探ってみました。

ADMの特徴

  • 皮膚との境目がぼんやりとしている
  • 両頬の頬骨の周辺や目の周りなどにできやすい
  • シミの大きさは数mm程度
  • 色は茶褐色、灰色、青色とさまざま
  • 20歳ごろから出始めることが多いが、生後1年ほどで出てくる場合もある

両頬の周りにシミのようなものが出始めたら、ADMの可能性が高いと言えます。

ADMとほかのシミとの違いは?

ADMとの違いが判断しにくいシミが「肝斑(かんぱん)」です。肝斑は女性ホルモンによって起きるシミで、ADMとほぼ同じ場所にできます。左右対称に発生する特徴も似ているので、個人での判断が難しいでしょう。シミの元であるメラノサイトが原因のADMとの違いは、目視ではほとんどわかりません。そのため、皮膚の専門医の診断でどのシミかを判断してもらったほうが良いでしょう。

ADMと同じ場所にできるシミに「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」があります。脂漏性角化症もこめかみや頬骨などにできやすいシミですが、皮膚と同じように平面になっているシミに比べて茶色で、盛り上がっているのが特徴です。表面がざらついていて大きさもさまざまなので、すぐに見分けられます。

ADMを改善する方法は?

通常のしみが表皮層にできるのに対して、ADMは真皮層にできます。真皮層のターンオーバーは5~6年周期と言われており、長い年月メラニン色素が蓄積してしまい、よりしみが濃くなることに。

ADMは化粧で隠すことはできますが、セルフケアでADMを解消するのは難しいといえます。治療でADMを解消するとなると、真皮層まで届くレーザーによる治療が有効です。しみ治療には光治療もありますが、ADMに関しては劇的な効果を見込めません。皮膚表面上にある老人性色素斑や肝斑には有効ですが、肌の深い部分である真皮層には光が届かないのです。

ただし、光治療はレーザーでADMを治療する前に有効な場合も。レーザーはメラニン色素に反応してしみを除去する性質があります。肌表面のしみに反応すると真皮層までレーザーが届かないことも。確実にレーザーを届けるためにも、まずは光治療で肌表面のしみを取り除きキレイにしてから真皮層にあるADMのレーザー治療に進むと良いでしょう。

ADMの治療法

ADMにもっとも有効なのがQスイッチレーザーを使用した治療です。真皮層までレーザーが届き、ピンポイントで確実にメラニン色素を破壊してくれます。正常な肌の色素を攻撃せず、安全性が高いのも魅力。施術直後はしみが濃くなったように見えますが、じつは色素が一旦破壊された証拠です。破壊された色素は体内で分解されるか身体の表面から排出されるため、しみが改善し透明感のある肌になります。

ただ、ADMの場合1回の照射で改善するのは難しく、3~6ヶ月ごとに3~5回の治療が必要です。そのため、完全に治療が完了するまでには1年~1年半かかる人もいます。ただ、ADM治療は1度受ければ再発しないため、治療を受ける人が多いです。Qスイッチレーザーには種類があるため、それぞれの特徴を見てみましょう。

Qスイッチルビーレーザー

694nmの波長でレーザーを照射。ほかの細胞を傷つけずにADMの原因であるメラニンを狙い撃ちします。ゴムで軽く弾かれる程度の痛み。メラニン系のしみなら薄いしみから濃いしみまで、幅広く対応しています。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

755nmの波長でレーザーを照射してしみを除去。しみの原因である色素細胞のみを破壊するため、周囲の肌や血管などへのダメージが少ないのが特徴です。黒い細胞に反応しやすく、メラニン色素の多い日本人の肌に合ったレーザーでもあります。濃い色のしみに適したレ―ザーです。

QスイッチYAGレーザー

532nmと1064nmの2つの波長を切り替えてADMやその他のしみに対応。ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーよりも皮膚の深い部分までレーザーが届くため、ADMに1番効果があります。ナノ秒という瞬間的な速度でレーザー照射されるため、周囲の細胞を傷つけずにしみの除去が可能です。

ADMの治療を行なっているクリニック5選!

通常のしみ治療では完治が難しいADM。大阪にあるADMを治療してくれるクリニックをピックアップしてみました。なかなか消えないしみに悩んでいる人はぜひご参考にしてみてください。

恵聖会クリニック

恵聖会クリニック
http://www.keisei-cs.com/

施術の種類/費用

レーザー

QスイッチYAGレーザー 4,000円/1cm四方
※「あざ」と診断された場合
Qスイッチルビーレーザー 4,000円/1cm四方
※「あざ」と診断された場合
メドライトC6レーザー 10,000円/1回

特徴

大阪で心斎橋院と京都院の2院を構える恵聖会クリニック。ADMはもちろん、さまざまなしみ治療に対応しています。皮膚科だけでなく、形成外科・美容外科など美容に関するあらゆる施術を行なってくれるクリニックです。患者が納得したうえで治療を受けられるように、丁寧なカウンセリングと分かりやすい説明を心掛けています。無理な治療は勧めないため、安心して治療を任せることが可能です。雑誌にも掲載されるほどの有名なクリニックなので、確かな技術力と安全性を保っていることが分かります。

恵聖会クリニックでADM治療を受けた人の口コミ

ADM治療に関しての口コミが見当たりませんでしたので、他の治療についての口コミを掲載します。

  • 濃いシミがずっと気になっていたので、口コミが多かった恵聖会クリニックに行きました。シミ取りは初体験でしたが、スタッフの対応が丁寧で、安心して受けられましたよ。術後の経過も順調で、頬にあったシミが先日ポロッと剥がれ落ちてキレイになりました!
  • 数年前にできた1cm大のシミ…。レーザーで焼いてもらったのでちょっとした痛みはありましたが、それ以外は気になることもありませんでした。5日ほどでかさぶたと一緒にシミがとれて、満足しています。

住所・アクセス

心斎橋院
住所 大阪市中央区東心斎橋1-7-30-21心斎橋ビル8F
アクセス 地下鉄御堂筋線・心斎橋駅 6番出口を出て徒歩3分
地下鉄堺筋線/長堀鶴見緑地線・長堀橋駅 7番出口より徒歩2分
京橋院
住所 大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
アクセス 京阪・京橋駅 中央改札より徒歩1分
JR環状線・京橋駅 北出口より徒歩1分
地下鉄鶴見緑地線・京橋駅 4番出口より徒歩1分

恵聖会クリニックの公式HPを見る

シロノクリニック

シロノクリニック
https://www.shirono.net/

施術の種類/費用

Qスイッチルビーレーザー 5,000円(1回)/5mm以内
20,000円(1回)/1平方cm
フォトシルクプラス 60,000円(1回)/顔全体

特徴

大阪院を含む、全国6院にクリニックを展開するシロノクリニック。大阪院はヒルトンプラザウエスト内に設置されており、美容皮膚科だけでなく、メディカルエステサロン・産婦人科・審美歯科などを併設しています。美容から健康までサポートしてくれるのが魅力。「いきなり治療を受けるのは心配」という人にはドクターによる無料相談もあるので、気軽に相談することができます。各線から徒歩10分圏内と便利な場所に立地しているため、遠方からも通いやすいのがうれしいクリニックです。

シロノクリニックでADM治療を受けた人の口コミ

ADM治療に関しての口コミが見当たりませんでしたので、他の治療についての口コミを掲載します。

  • 自宅から近いという理由でシロノクリニックを選びました。カウンセリングは丁寧で、問題なかったです。施術は痛みましたが、耐えられないほどの痛みではありません。カサブタが取れた後はだんだんとシミが薄くなっている気がします。
  • 大きなシミだったせいで、施術中は多少痛かったです。レーザーを照射していた時間は10分くらいだと思います。終わってから30分くらいで痛みは引きました。術後はアフターケアをこまめにしていますが、シミの根が深かったようで、効果を実感するのはまだ少し先になりそうです。

住所・アクセス

大阪院
住所 大阪府大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエスト4F
アクセス JR大阪駅・梅田駅・新地駅より徒歩3分
地下鉄御堂筋線・梅田駅より徒歩5分

シロノクリニックの公式HPを見る

きぬがさクリニック

きぬがさクリニック
http://www.kinugasaclinic-japan.com/

施術の種類/費用

レーザー

ピコレーザー 3,000円/1mm
ピコレーザー取り放題 148,000円/顔全体

特徴

容姿にコンプレックスを抱えている人や若々しくありたい人に向けて、幅広い美容医療を提供しているのが「きぬがさクリニック」です。治療内容に対してきちんと理解し、納得したうえで施術を受けられるよう、事前のインフォームドコンセントを重視しています。

また、きぬがさクリニックでは独自のカウンセリング方法を採用して、患者さんの希望を叶えているそう。トリプルカウンセリングと言って、最初にカウンセラーが話を聞き、次にドクターによる治療方法の提案、最後にカウンセラーが医師の説明を補足します。この流れを汲むことで、患者さんに最適な治療を案内できるのです。

きぬがさクリニックでADM治療を受けた人の口コミ

ADM治療に関しての口コミが見当たりませんでしたので、他の治療についての口コミを掲載します。

  • 小さな頃からそばかすがあって、メイクで隠すのも大変だったのでフォトフェイシャルM22を受けてみようと思いました。M22はパチッという痛みを感じただけで、時間も15分程度です。そのあとにビタミンなどの導入もお願いしていたので、プラス50分かかりました。まだ何回か施術を受ける必要があるので、根気強く頑張ります。
  • 頬に広がるシミが嫌でたまらず、きぬがさクリニックでお世話になることにしました。施術ではゴムで弾かれたような痛みがあったものの、耐えられないほどではなく。治療を受ければ受けるだけシミが薄くなっているように感じます。

住所・アクセス

大阪院
住所 大阪府大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル1~5F
アクセス 地下鉄・なんば駅21番出口より徒歩1分

きぬがさクリニックの公式HPを見る

トキコクリニック

トキコクリニック
http://www.tokikoclinic.com/

施術の種類/費用

レーザー

QスイッチYAGレーザー 5,000円~/15分~30分

特徴

美容分野に特化した皮膚科医や外科医、内科医などが在籍しているトキコクリニックでは、シミ・しわといった美容治療を中心に行っています。

とくに、シミやしわなどの改善は毎日の肌のお手入れが大切だと考えて、美容皮膚科医が患者さんの肌に適切なケアを提案しているとのこと。ADMの治療にはQスイッチYAGレーザーでの施術を案内してくれます。

また、独自のドクターズコスメを取り扱っているのも特徴の1つです。3万人を超える患者さんの肌を診てきたトキコクリニックだからこそ、患者さん1人ひとりの肌に合わせた安全かつ安心なコスメを開発できたと言えるでしょう。

トキコクリニックでADM治療を受けた人の口コミ

ADM治療に関しての口コミが見当たりませんでしたので、他の治療についての口コミを掲載します。

  • トキコクリニックに通うようになり、2年が経ちました。現在は大阪から引っ越し、トキコクリニックとは距離ができましたが月に1回は足を運んでいます。キレイにしいてくれるのはもちろんですが、前向きな気持ちになれるクリニックです。
  • 肌のしみ取りとしわケアでトキコクリニックを利用しました。受けたいメニューを伝えると、そのとおりに治療を進めてくれましたよ。別メニューへの勧誘などもあまりなかったです。カウンセリングの時にパンフレットを渡されるくらいでした。

住所・アクセス

心斎橋院
住所 大阪府大阪市中央区南船場4-7-6 心斎橋中央ビル6F
アクセス 御堂筋線・心斎橋駅3番出口より徒歩2分
梅田院
住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-6(E-MA[イーマ]4F)
アクセス 地下鉄谷町線・東梅田駅より徒歩2分
阪神本線・梅田駅より徒歩3分
JR・大阪駅より徒歩5分

トキコクリニックの公式HPを見る

梅田フェミークリニック

梅田フェミークリニック
https://www.femmy-umeda.com/

施術の種類/費用

レーザー

シミ取りレーザー 5,000円/直径5mm以内
15,000円/1cm×1cm以内
220円/1㎟(1cm×1cmを超える場合)

特徴

梅田フェミークリニックでは、シミやそばかす、肝斑などの肌トラブルに対して最適な治療方法を提案しているクリニックです。シミやそばかすには「シミ取りレーザー」を案内していて、ピンポイントのシミ治療に有効とのこと。

患者さんを笑顔にするという理念のもと、おもてなしの心を大切にし、患者さんに対して敬意をもった行動をとるよう心がけています。また、満足できる結果を実現するため、細心の技術や知識を取り入れて日々研究を重ねる姿勢も魅力的です。

梅田フェミークリニックでADM治療を受けた人の口コミ

ADM治療に関しての口コミが見当たりませんでしたので、他の治療についての口コミを掲載します。

  • シミのレーザー治療を受けようと思い立ち、クリニックを調べてフェミークリニックを見つけました。施術は輪ゴムで弾いたような刺激がありましたが、数分で終了。カウンセリングから施術に至るまで、丁寧な対応が良かったです。
  • 施術の時のジェルが予想以上に冷たくて驚きました。痛みは少し経つと慣れましたよ。まだ1回目の施術なのでシミが薄くなった気はしませんが、これから薄くなると思うので期待しています。あと、肌のことやスキンケアについて教えてくれたのが個人的には嬉しかったです。

住所・アクセス

梅田院
住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-17梅田スクエアビルディング2F
アクセス JR・大阪駅、阪神梅田駅、地下鉄谷町線・東梅田駅より徒歩4分

梅田フェミークリニックの公式HPを見る

各クリニックで保険が適用される施術とは?

国が治療費の7割を負担してくれるのが保険診療です。クリニックで保険が適用されるのは一般的に、病気やケガなどから回復するために必要な検査や治療を受ける場合のみとなります。国が認めた医薬品や治療方法が使われる際に適用される制度なのです。皮膚科の診療では、アザやイボ、ほくろの除去が対象となります。

そのため、美容医療に該当する「しみ治療」「そばかす治療」などは保険が適用されません。

ただし、ADMはアザの1種とも言えるため、クリニックによってはレーザー治療を保険診療で対応してくれる可能性があります。病気の範囲として認められるアザなのかは素人では判断ができず、症状によって保険適用できるかどうかも異なります。医師の診察をまだ受けたことがない人はまず、お近くのクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

コンテンツ一覧