シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » シミの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ?

シミの種類が知りたい!あなたのしみはどのタイプ?

ひと口にしみといってもさまざまな種類があります。加齢によるホルモンバランスの乱れや紫外線の浴びすぎなど、しみができる原因は1つではありません。こちらの項目では、しみの種類や原因をまとめています。気になるしみの種類をチェックして、改善方法を知りましょう。

老人性色素斑とは?

紫外線が肌内部に蓄積することで発生する老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)。シミの中でも特に代表的なものとされています。主に紫外線が当たりやすい顔や手、首などにできやすのが特徴です。このページでは老人性色素斑が発生する原因や発症しやすい部位、年齢などを詳しくまとめています。その他改善法や治療法などを調査したり、治療に対応しているクリニックを2院紹介したりしているのでクリニックへ行く前に1度目を通してみてくださいね。

大阪で老人性色素斑治療のできるクリニックをチェック

そばかすの原因とは?

遺伝によってできる可能性の高いそばかす。子どもでも大人でも発症する可能性のあるシミの一種です。先天性のものと後天性のものがあり、シミの濃さや改善方法は異なります。治療法はレーザー治療や光治療、ピーリング治療などさまざま。ここでは改善法や治療法を紹介したのち、そばかす治療を行っている大阪のクリニックも紹介しています。治療内容や費用なども掲載しているので、これからそばかす治療を受けようと思っている方は要チェックです。

大阪でそばかす治療のできるクリニックをチェック

肝斑(かんぱん)とは?

紫外線が原因のシミとは異なり、女性ホルモンやストレスなどが原因で発症する肝斑。頬骨あたりにできるケースが多く、左右対称に発症します。「美白ケアをしても一向に改善されない」といった場合は肝斑を疑ってみても良いでしょう。このページでは肝斑を改善する方法や治療法などを紹介しています。大阪で肝斑の治療を行っているクリニックも2院紹介しているので「肝斑の治療を受けよう」と考えている方は要チェックです。

大阪で肝斑治療のできるクリニックをチェック

炎症性色素沈着とは?

炎症によって発症する炎症性色素沈着。その原因はニキビや火傷、湿疹などさまざまです。沈着してしまうとなかなか消えることがないため、適切な治療を行なうことが大切。ここでは、炎症性色素沈着が発症する原因や改善法を紹介しています。また、大阪にある炎症性色素沈着の治療に対応している2院も掲載。各クリニックの特徴や対応している治療法・費用などもまとめているので炎症性色素沈着に悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

大阪で炎症性色素沈着治療のできるクリニックをチェック

ADMとは?

しみには加齢によるものや紫外線によるものなど、さまざまな種類があります。なかでもADMは、消えにくいしみです。光治療やピーリングなどの通常のしみ治療では完治できない可能性もあります。しみが気になりはじめた人やしみ治療を行なっているけれど改善が見えない人などはもしかすると、ADMかもしれませんよ。なぜADMになってしまうのか?原因・特徴・治療法などについてまとめてみました。ADM治療を行なっているクリニックもピックアップ。あなたのしみを改善する方法を知りましょう。

大阪でADM治療のできるクリニックをチェック

扁平母斑とは?

カフェオレのような色をしているあざを扁平母斑といいます。日本人の1~2%にしか見られない病気で、原因はいまだに分かっていません。また、あざと周りの皮膚はコントラストがはっきりしている特徴があり、大きさも人によってまちまち。扁平母斑の数が6つを超えている場合は、思春期以降全身に良性悪性問わず腫瘍ができる可能性もあるため、一度病院を受診しておくのが良いかもしれません。生まれつき扁平母斑があることもあり、あざの数も増えていくケースもあるので、数が少ない方も定期的に確認しておくと良いでしょう。

大阪で扁平母斑治療のできるクリニックをチェック

脂漏性角化症とは?

老人性いぼと呼ばれることもある脂漏性角化症。灰褐色~黒色の盛り上がったザラザラの腫瘍で、治療をしなければ治らないのが特徴です。発症しやすい年齢は30~40代で、日焼け止めをせずに外に出ている時間が長いなど、紫外線の蓄積が原因と考えられています。はじめはただのシミのように見えるため、放置してしまう方もいるかもしれません。次第にざらついた手触りになったり盛り上がってきたりするため、気になる方は皮膚科を受診すると良いでしょう。クリニックのレーザー治療は1回程度で終わることも多いため、数回通う液体窒素の治療よりも都合が良いと感じる人も。

大阪で脂漏性角化症治療のできるクリニックをチェック

花弁状色素斑とは?

外で長時間日差しを浴びるなど、強い紫外線が原因で起こると言われいる花弁状色素斑。その名のとおり、花びらのような形のシミで、ひとつの大きさは小さいですが広い範囲に何個もできてしまう特徴があります。花弁状色素斑は背中などの自分では確認しにくい場所にできることが多いため、色白で日焼けしにくい体質、紫外線で肌が赤くなったり腫れたりする人は、一度クリニックや皮膚科で話を聞いてみるのも良いかもしれません。治療方法は主にハイドロキノンクリームですが、場合によってはレーザー治療にもなるため、口コミなどを参考に選ぶのが良いでしょう。

大阪で花弁状色素斑治療のできるクリニックをチェック

摩擦黒皮症とは?

摩擦という名のとおり、皮膚が下着や衣服などと擦れるなどして刺激を受けて色素沈着してしまうことで起こるのが摩擦黒皮症。摩擦が原因となっているため、シミの境界線があいまいで色も茶色~濃い茶色、ひじやひざなどの骨が突起している部分にできやすい特徴があります。主な治療方法はケミカルピーリングとレーザー治療。沈着した色素をターンオーバーを正常化して体外に排出するものが基本です。ひじをつくクセがある、正座で座ることが多くくるぶしが擦れるなどの生活のクセを見直すことも大切になるシミです。

大阪で摩擦黒皮症治療のできるクリニックをチェック

コンテンツ一覧