シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » ここが訊きたい!シミ治療Q&A » シミ治療の期間はどれくらい?施術ごとに比較!

シミ治療の期間はどれくらい?施術ごとに比較!

しみは種類・濃さ・数・大きさ・部位によって、治療方法が異なってきます。1回の施術で大きな効果が得られる場合もありますが、人によっては数回に分けて施術を受ける必要も。しみ除去で行なわれる主な治療法は、レーザー治療・光治療・ピーリングの3つがあります。それぞれの平均的な通院回数・治療期間はどれくらいかかるのでしょうか?

施術別!しみ治療の平均通院回数・治療期間を比較

レーザー治療

  • 平均通院回数:約2~4回
  • 治療期間:3週間~6ヶ月

レーザー治療の平均通院回数は2~4回の場合が多いようです。レーザー治療では患者さんの肌にレーザーが適しているか、最初にテスト照射を行ないます。テスト照射した1週間後に皮膚の反応を見て、問題がなければ本格的な治療をスタート。しみにレーザーを照射していきます。

照射してさらに1週間後に治療効果を確認して、しみの除去ができていれば完了です。しみが残っている場合は、さらにレーザーを照射します。しみ除去が確認できたら、最後に1ヶ月期間を空けて、色素沈着や赤みが残っていないかを調べて通院と治療が完了します。

光治療

  • 平均通院回数:1~5回
  • 治療期間:1~3週間

光治療は回数を重ねることで効果が高くなる施術のため、5回程度をおすすめしているクリニックが多め。しみの状態によっては、1回の施術で効果が出る人もいるようです。光治療はしみ除去に効果のある治療ですが、レーザーと比べて威力が落ちるため、治療の回数が多くなり費用がかかる場合もあります。また、浅い層にあるしみの除去には効果的ですが、深い層のしみだと光が届きにくいのが特徴。しみの状態をよく見極めてもらい、治療を受けるようにしましょう。

ピーリング

  • 通院回数:約5~10回
  • 治療期間:3~6ヶ月

ケミカルピーリングは1回の施術で効果を実感しにくいため、5~10回の通院をする人が多いようです。

治療を受けた人の声では「1ヶ月に1~2回通う方が良い」「2週間に1度がおすすめ」「1ヶ月に1回で良い」などさまざまな意見がありました。いずれにしても、治療期間は3ヶ月以上を見た方がよさそうです。効果が出るまでに時間のかかる治療のため、治療に即効性を求める人には物足りないかもしれません。ゆっくりと時間をかけてしみ除去や肌質の改善をしたい人におすすめの治療です。

しみ治療を行なうならどの治療方法がおすすめ?

短期間で効果的な治療を受けるなら、レーザー治療の方が良いでしょう。レーザーはしみをピンポイントで狙い撃ちするため、施術効果が高いと言われています。しかし、しみは人によって症状が異なってくるため、一人ひとりに合わせた治療を行なうことが大切です。必ずしも「レーザー治療が良い!」というわけではありません。間違った治療を選ぶとしみが濃くなるといった、思わぬ結果を招くこともあります。治療を受ける際は、医師と良く相談して自分に合う治療を受けましょう。

コンテンツ一覧