シミ対策でおすすめな大阪のクリニックをご紹介!

大阪でしみ治療ならお任せ!クリニックガイド » ここが訊きたい!シミ治療Q&A » シミ治療のダウンタイムはどのくらいかかるの?治療を比較

シミ治療のダウンタイムはどのくらいかかるの?治療を比較

しみ治療を行なう際に気になるのがダウンタイム。ダウンタイムとは、治療後のダメ―ジが回復するまでの期間のことです。仕事や外出に影響が出る場合もあるので、ダウンタイムを気にして治療を受けない人もいます。レーザー治療・光治療・ピーリング、それぞれのダウンタイムはどのくらいかかるのでしょうか?

治療ごとのダウンタイムの特徴を比較!どれが1番回復が早い?

レーザー治療

ダウンタイム 1週間~10日ほど
施術当日より可能 日焼け止めクリーム、化粧水、乳液、メイク、洗顔、入浴

ダウンタイム

しみの種類や状態によって差はありますが、1週間~10日ほどのダウンタイムがあります。長い人では2週間以上かかる人もいるほど。

1~2日で患部が乾いてカサブタを形成。1週間ほどで完全なカサブタになりますが、カサブタが出来上がるまでの間は患部をきれいに保ちましょう。カサブタが剥がれ落ちて、1ヶ月はレーザーによる一時的な色素沈着が起きますが、ハイドロキノンといった軟膏でケアします。3ヶ月経つ頃には色素沈着も収まり、きれいな肌へと変化。最初のレーザーから6ヶ月後に改めて診断を受けて、色素沈着がなければ治療完了です。

施術当日からできること

施術直後は、炎症を抑えるために患部に薬を塗って、その上からテープを貼ります。施術直後でもテープの上からなら、化粧水、乳液、日焼け止め、メイクが可能です。シャワーや入浴も当日からOK。テープは1週間患部に貼った状態で過ごすことが大切。もしもテープが取れてしまったら、予備のテープを患部のサイズに合わせて貼りましょう。

光治療

ダウンタイム ほとんどなし
施術当日より可能 日焼け止めクリーム、化粧水、乳液、メイク、洗顔、入浴

ダウンタイム

光治療はダウンタイムがほとんどありません。

施術直後は赤みやカサブタができる場合がありますが、赤みは数時間程度で治まり、カサブタは数日で剥がれ落ちるので、ほかのしみ治療に比べて比較的回復が早く、すぐに普段通りの生活を送ることができます。

施術当日からできること

光治療の場合、施術直後でも化粧ができます。ただし、肌が乾燥しやすくなっているため、化粧水やクリームでしっかりと保湿をすることが大切です。紫外線が大敵になるので、必ず日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をしましょう。シャワーや入浴も可能です。

ピーリング

ダウンタイム ほとんどなし
施術当日より可能 日焼け止めクリーム、化粧水、乳液、メイク、洗顔、入浴

ダウンタイム

ピーリングには、薬剤を顔に塗って古い角質を剥がすケミカルピーリングとレーザーを使ったレーザーピーリングの2つがあります。ケミカルピーリングを受けた場合、施術直後は赤みがある程度で、ダウンタイムはほとんどありません。ピーリング直後は肌の層が薄くなっているため、しっかりと保湿ケアすることが大切です。レーザーピーリングはレーザー治療と違い、肌全体に照射することができます。施術直後は赤みが出る程度で、レーザー治療のようにカサブタになることはありません。

施術当日からできること

ピーリングは施術直後から化粧水や乳液などをつけることができます。もちろん、化粧も可能です。ただ、ピーリングの効果を高めたいなら翌日まで化粧をしない方がおすすめ。施術当日から、シャワーや入浴もできます。

効果的なしみ治療を選ぶなら

しみ治療でもっとも効果的なのはレーザー治療です。ピンポイントでしみの原因であるメラニン色素を除去することができます。威力が強いためダウンタイムが長くなりますが、その分しみ取り効果も絶大です。光治療やピーリングはダウンタイムがほとんどないのが魅力。しかし、複数回治療を受ける必要があるため、時間とお金がかかることもあります。しみの症状は人によって異なるため、治療を受ける際は医師とよく相談して受けましょう。

コンテンツ一覧